私はネットショッピングのヘビーユーザーです。
恐らく年間の使用金額は100万円を軽く超えてしまいます。

プライム会員になっているアマゾンに始まり、
楽天市場やヤフーショッピング、食料品は西友のネットスーパーを活用しています。

早く欲しい商品に関してはアマゾンを利用するのですが、
そこまで急ぎでない買い物は楽天市場かヤフーショッピングを利用します。

今回楽天市場とヤフーショッピングのどちらポイントを貯まりやすいかを比較してみました。

楽天市場VSヤフーショッピング
どちらのサービスもお買い物マラソンや、
提携クレジットカードによるポイントアップキャンペーンを行っており、
キャンペーンによる差はほとんどないといってもいいと思います。

今回特に注目をしたのが、
ポイントを利用した時の還元率の変化についてです。

実際に申し込みをした例をご紹介します。


楽天市場
今回は参考例として分かりやすいように、1000円ジャストの商品で比較してみました。
私は楽天カードを保有しており、楽天カードで支払いをする予定なので、
通常ポイント10ポイント+楽天カード特典の30ポイントが付与されています。
楽天市場1
楽天市場2

ポイントを500ポイント利用した場合は下記になります。
楽天市場3
楽天市場4
通常購入分のポイントは変わらないのですが、
楽天カード特典のポイントは支払金額に応じて半分になってしまっているのです。

これだとポイントを使えば使うだけ、還元率が下がってしまいますね。


ヤフーショッピング
さて、ヤフーショッピングではどうでしょうか?
楽天市場と同様に1,000円の商品で見てみましょう。
ヤフーショッピング1
私はヤフープレミアム会員に登録をしているので、
期間限定の10倍ポイントが付いています。
ヤフーショッピング2
上記のようにヤフーショッピングでは楽天市場のように
ポイントを使用してもその分ポイント付与が減るということがありません

つまり、使った分もそのままポイント還元がされるので
また次の買い物の時もガンガンポイントを使うことができるのです。

上記の理由から、私はヤフーショッピングを優先して使っています。
Tポイントはリアル店舗での提携店も多いので、
日常生活の中でも使い勝手はいいということも理由になります。

ヤフーショッピングや楽天市場での買い物を更にオトクにするなら、
下記カードを合わせてご利用ください!

ヤフージャパンカード
ヤフージャパンカード
還元率 1.0%(100円で1円)

楽天カード
無題
還元率 1.0%(100円で1円)