iPhone8の販売が開始しましたね。
今週末私も実機が見てみたくて、店頭に足を運びましたが今回は買い控えをしている方が多いのか在庫も残っており、店舗のにぎわいとしては寂しい印象がありました。

というのも、2017年11月にはiPhoneXの販売が決まっており、顔認証などの最新機能を搭載したiPhoneXに注目が集まっていることが影響しています。


iPhoneXの予約は10月27日から
44
そこまで注目を集めているということもあり、iPhoneXは入手困難になることが予想されています。
Appleがどこまで生産台数を考慮しているのかにもよりますが、今回iPhone8と販売日がずれ込んだことの要因として、iPhoneXの製造が遅れているとの噂もあるので、初期出荷としてはそこまで多くの台数を確保していないと思います。
どうしてもiPhoneXを発売日に欲しい!という方はぜひ下記を参考にしてください。


SIMフリー端末よりも3大キャリアの機種を選ぶ
アップル公式ストアで販売されるSIMフリー端末は全国から注文が殺到します。
そのため、在庫予約を行ってもすぐに購入できない可能性が高いです。

私も注目を集めていたiPhone7のジェットブラックを予約した際には、予約開始日の当日予約をしたのにも関わらず入手できるのが2週間程度遅れてしまいました。

それに比べて3大キャリアのショップなどでは、出荷台数も多く、地域・店舗によって予約台数も分散されるため、比較的販売日に入手しやすくなっています。
キャリアにこだわりがないということであれば、ビックカメラやヨドバシカメラなどで注目をすれば、在庫の手に入りやすいキャリアの機種を教えてもらうことができますし、一括購入でポイントを得ることもできるのでおとくにiPhoneXを手に入れることができます。
iPhoneXは値段が高いのでポイント還元の方法は試してもらいたいです。


カラーとストレージを選ぶ
37
iPhoneが発売する際には、必ず人気のカラーと入手しやすいカラーに分かれます。
とくにこだわりがないということであれば入手しやすいカラーを選ぶようにしましょう。
今回のiPhone8ではゴールドカラーが人気のようですね。

今回画面のフレームがなくなったことにより、全面のデザインはどちらを選んでも差がなくなっています。
個人的にはiPhone4Sの頃のホワイトカラーを思わせるシルバーのデザインが気になっています。

またストレージに関しては容量が大きく、値段が高い端末は在庫が残る可能性が高いです。
これまで、iPhoneは松竹梅の3モデルを出してきましたが、今回は64GB・256GBの二択になっています。

iPhoneをそこまで利用しないライトユーザーには256GBの容量は大きすぎるので、64GBを選択することが予想されます。
そのため、入手しやすい256GBを選ぶことで入手がしやすくなる可能性が高いです。


上記はあくまで私に主観で書かせてもらっていますが、iPhoneXは普通に購入しようと思った場合に年内に手に入るかどうかくらいの入手困難になると予想しています。
少しでも早く手に入れるためにぜひ上記を参考にしてください。