私は長く京王線の沿線に住んできました。
京王線は小田急線と並行しており、京王線が運転見合わせなどになると
小田急線の振替輸送を利用していたので思い入れのある路線です。

京王線を利用していた頃に定期券購入やオートチャージでは
京王パスポートVISAカードを利用していましたが、
今回は小田急線利用者にオススメのクレジットカードを紹介したいと思います。


小田急ポイントカード!略してOPカードは小田急線利用者にオススメ
OPカードはクレジットカード払いをすると200円(税込)で1ポイント貯まります。
ポイント還元率は0.5%ですが、定期券購入やオートチャージなど使えば使うほどポイントが貯まるのでオトクになっています。

定期券購入もオートチャージも200円ごとに1ポイントと大きな還元率ではないですが、
定期券もオートチャージも仕事や学校など使わなければならないものです。

節約術の基本は小さなことからコツコツと。
0.5%といっても1年間で積み重ねていくと、大きなポイントとなるでしょう。

貯まったポイントは1ポイント1円として
小田急ポイントサービス加盟店で使うことができます。
もちろん、小田急百貨店でも利用できるので美味しいランチやディナーなどを食べるだけでも
ポイントを貯める価値がありそうですね。


OPカードの年会費は?
年会費は初年度無料で次年度も前年に1回でも利用すると無料になります。
年に1回の利用はオートチャージや定期券購入も対象となるので、
そこまで高いハードルではないですね。


JCB・VISA・マスターカードの3種類から選べるブランド選択も注意!
OPカードは申込時に3大ブランドであるJCB・VISA・マスターカードから選ぶことができますが、
選ぶブランドによってクレジットカードのポイントの対象となるサービスが異なります。
下記に記載しているものは、ポイントの対象とはならないので注意してください。

<OPクレジット JCB>
○モバイルSuicaチャージご利用分
○SMART ICOCAチャージご利用分
○nanacoチャージご利用分
○おさいふPontaチャージご利用分
○au WALLETチャージご利用分
○JCBプレモカードチャージご利用分
○JCBチケットセンターお取り扱いのチケット送料
○ショッピングリボ払い・分割払い手数料
○キャッシング1回払い(国内・海外)ご利用分
○キャッシングリボ払いご利用分
○カード再発行手数料
○遅延損害金
○募金
○年会費

<OPクレジット(VISA/MasterCard)>
○リボ払い・分割払い手数料
○キャッシングサービス(国内・海外)ご利用分
○カードローンご利用分
○カード再発行手数料
○遅延損害金
○年会費

私が注目したいのはnanacoチャージの対象となるブランドについてですね。
楽天カードやヤフージャパンカードではJCBでしかnanacoチャージのポイントはつかないのですが、
OPカードの場合はJCBブランドは対象外となってしまうのです。
OPカードでnanacoチャージを検討している方はVISA・マスターカードを選ぶようにしましょう。