2017年9月にiPhone8の発売が噂されていますね。
download
iPhone8はホームボタンを廃止するとか、背面ボタンになるとか3色展開になるとか
噂だけはどんどん飛び交っていますね。

私は現在iPhone7Plusの128GB、カラーはジェットブラックを使用しています。

SIMフリー端末ですが、回線はdocomoの5GBプランに加入していて、
月額の利用料金は1万円程度になっています。

スマートフォンの月額利用料金を抑えたい!
少しでもオトクにiPhone8を使いたい!

そんな方へおすすめの格安SIMをご紹介したいと思います。


iPhone8におすすめの格安SIMは???
最近では格安SIMもいろいろ種類が出てきています。
安さを売りにしているところや、回線の早さを売りにしているところなど
たくさんの種類が出てきているので、どれを選べばいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。

格安SIMで価格の安さを売りにしているところが多いのですが、
お昼休みや帰宅の時間帯など回線が混み合ってしまい、
ほとんど利用できなくなってしまうものが多いようです。

そこはやはり安かろう悪かろう。
3大キャリアの安定感に勝るものはないのが現状ですね。

私は携帯を2台持ちしており、アンドロイド端末のフリーテル麗という機種で
ワイモバイルのSIMを利用しています。

利用しているのはスマホプランSというプランです。
金額などの詳細は下記のようになっています。

基本料金:月額2,980円(1年間は1,000円引き)
高速データ通信容量:2GB(3年目からは1GB)
通話料金:だれとでも10分かけ放題
特典:ヤフープレミアム会員特典(月額498円が無料になる)

いかがでしょうか?
私はメイン回線としてdocomoの端末を保有しているので、高速データ通信は2GBもあれば十分。
こちらは仕事で利用するための電話メインでの利用になるので通話はかけ放題がよかったのですが、
ながながと話をすることもないので、10分あればOKです。

ワイモバイルを利用してみての感想としては、
ネット回線はお昼と夕方に繋がりにくくはなりますが、
それ以外の時間であれば問題なく利用できています。

音声通話も3大キャリアと比べても何の遜色もなく、
仕事上で利用しても全く問題がないかと思います。

ワイモバイルをメイン携帯として利用したいという方は
月額料金によって、高速データ通信容量は選べるので
自分の利用状況にあったプランを選べばいいと思います。

スマホプランS
基本料金:月額2,980円(1年間は1,000円引き)
高速データ通信容量:2GB(3年目からは1GB)

スマホプランM
基本料金:月額3,980円(1年間は1,000円引き)
高速データ通信容量: 6GB(3年目からは3GB)

スマホプランL
基本料金:月額4,980円(1年間は1,000円引き)
高速データ通信容量:14GB(3年目からは7GB)

iPhone8をオトクに利用したいという方はぜひワイモバイルのSIMを検討してみてください。