私はビックカメラスイカカードをよく利用しています。
ビックカメラスイカカードはJRの定期券やオートチャージなどの支払いで1.5%分のポイントが貯まるので重宝しています。
kureka_10
ビックカメラスイカカードはJR以外の支払いにも利用できる高スペックなカードになっています。

ビックカメラでの支払いではクレジットカード払いをしても10%のポイント還元率(その他のクレジットカードは2%のポイント減額)となっており、ビックカメラスイカカードのSuicaにチャージをしてSuicaで支払いをすることで最大11.5%のポイント還元率を受けることができます。

普段のお買い物でも1%のポイント還元を受けることができます。
その内訳はビューサンクスポイント0.5%+ビックポイント0.5%=合計1%となっています。

年1回以上の利用で年会費無料になるので、実質無料ということもうれしいですね。

>>>ビックカメラSuicaカードの詳細はこちらから


ビックカメラスイカカードでマスターカードを選べるのか?
img-credit_2
ビックカメラスイカカードの申し込みを検討されている方。
国際ブランドはどこにすればいいのか迷っているという方もいるのではないでしょうか。

クレジットカードのブランドは主にJCB・VISA・マスターカードの3種類から選ぶことができますが、残念ながらビックカメラスイカカードではマスターカードを選ぶことができません

2017年1月にはリクルートカードでマスターカードが追加になるということもあったのですが、現状ビックカメラスイカカードに関してはマスターカードの追加はなさそうです。


ブランドによる違いはあるのか?
ビックカメラスイカカードではJCB・VISAを選ぶことができるのですが、どちらのブランドを選んでも大きな違いはありません。
ただ、アップルペイでビックカメラスイカカードの利用を考えている方はJCBブランドを選ぶことをおすすめします。
VISAブランドの場合アップルペイでの利用に制限がかかってしまうからです。


ビックカメラスイカカードのブランドを変えたい方
ビックカメラスイカカードでVISAからJCBへブランド変更をしたいという方は下記記事を参考にしてブランド変更をしてみてください。

>>>ビックカメラSuicaカードのブランドをVISAからJCBに切り替えました

私も最初にVISAブランドで申し込みをして、JCBブランドへ切り替えをおこなったことがあるのでその時の経緯を紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。