iPhone8の話題が徐々に出てきていますね。
ホームボタンがなくなるとか、背面にボタンが付くなど話題は耐えませんね。
ダウンロード
iPhone8は高性能の機能の影響もあってか、
本体の価格は一番安いモデルでも13万円ほどになるという噂もあります。
現在のiPhone7が8万円弱程度なのでおよそ5万円ほど高くなることになります。
13万円あれば高性能のパソコンが買えてしまいますね。

そこでiPhone8を少しでも安く使うための方法をご紹介したいと思います。


3大キャリアから卒業することがポイント
iPhone8を安く利用するためには、3大キャリアから卒業することが重要なポイントです。

通話かけ放題やパケット通信5GBなど
ライトユーザーにとって不要な高額プランとなってしまっていることも多く、
その辺を見直すだけでも大きく通信費を減らすことができます。

私はY!mobileのSIMを購入して、シムフリーのiPhone7に挿して使っています。
パケット通信をほとんど利用しないので、1GBのプランを選択しました。
今ならキャンペーンで月々1GBプラスになって、合計2GB使うことができます。
また、音声通話も10分までなら何回でもかけ放題となっています。

このプランで1年間は1,980円、2年目以降は2,980円で利用することができます。
キャリア携帯と比較するとかなり安く利用できていると思います。

またワイモバイルを契約するだけでヤフープレミアム会員も無料で付いてくるので、
月額費用500円が無料になります。
ヤフープレミアム会員に加入することでヤフーショッピングの買い物がポイント5倍になるので
これだけでも大分オトクになってしまいますね。

ちなみにワイモバイルの格安プランは下記のようになっています。

<ワイモバイルのスマホプラン>
・スマホプランS
月額利用料1,980円(1年間)※2年目からは2,980円
高速データ通信料 2GB(2年間)※3年目からは1GB

・スマホプランM
月額利用料2,980円(1年間)※2年目からは3,980円
高速データ通信料 6GB(2年間)※3年目からは3GB

・スマホプランL
月額利用料4,980円(1年間)※2年目からは5,980円
高速データ通信料 14GB(2年間)※3年目からは7GB