私はクレジットカードを持つ基準は年会費が無料であるかどうかです。

クレジットカードを利用する目的はあくまで節約のためであり、
年会費がかかってしまうと節約をしようとしていたものが、
むしろマイナスになってしまうこともあるからです。

しかし、最近ではゴールドカードの魅力的な特典に魅了されてしまうことも多く、
「1枚持っているといいな」と思うことも多くなってきました。

例えばこのブログでも紹介することが多い「エポスゴールドカード」。
これは年間100万円利用することで、還元率が1.5%になるカードです。
エポスカードの持っている、提示で受けられる特典はそのままに
さらにプラスでオトクな特典がついてくるのです。
年会費が5,000円というのもゴールドカードとしては比較的安く、
前年50万円利用するか、インビテーションで発行をすれば
年会費が永年無料になるというのも嬉しいですね。

また「dカードGOLD」はdocomoユーザーにオススメのゴールドカードです。
これはdocomo携帯の料金などの支払金額の10%が還元されるというカードで
dポイントをガンガン貯めることができます。

そんな中、今回ご紹介させていただくのはビューゴールドプラスカードです。
このカードはクレジットカード・Suica・定期券を1枚にまとめられるだけでなく、
東京駅の購入ラウンジが使えるなどゴールドカードならではの優待もあります。
img_mv_card_pc


1枚でクレジットカード・Sucia・定期券
ビューゴールドプラスカードは1枚で3役こなせる万能性があります。
これで財布の中身が軽くなるのは嬉しいですね。
もちろんオートチャージ設定もできるので、駅の改札でわざわざチャージする手間もなくなります。


鉄道でポイント3倍
ビックカメラSuicaカードなどと同様に、
Suciaチャージやグリーン券の支払い、定期券購入代などのポイントは3倍(1.5%)になります。
鉄道系の支払いはこの1枚でまとめて支払いをしましょう。


年間70万円以上の利用でボーナスポイント
年間の利用金額が70万円以上になると、
通常の1400ビューサンクスポイント(1ポイント=2.5円分)に加えて、
600ビューサンクスポイントのボーナスがもらえます。
つまり総額5,000円相当のポイントが貯まることになるのです。


入会特典が最大の魅力!選べる9つのコース
ビューゴールドプラスカードは入会時に9つのコースから1つ特典を選ぶことができます。
この入会特典がビューゴールドプラスカードの最大の魅力となっています。
<1>新幹線・特急グリーン券利用券&普通列車グリーン車利用券(各2枚)
<2>
普通列車グリーン車利用券(10枚)
<3>
普通列車グリーン車利用券(6枚)&JR東日本新幹線社内販売コーヒー無料券(7枚)
<4>東京ステーションホテルスイーツセットペアご利用券
<5>紀ノ国屋特選デリカテッセン詰合せ
<6>JR東日本東北総合サービス復興応援ギフト
<7>ベックスコーヒーショップ&ベッカーズコーヒーチケット(25枚)
<8>ジェクサー・フィットネスクラブレンタル付き施設ご利用券(2枚)
<9>ビューゴールドラウンジご利用券



豪華な入会特典は年間100万円以上の利用で翌年も選べる!
豪華な入会特典は年間100万円以上の利用(家族カードとの合算も可能)で
2年目以降も毎年ひとつ選択が可能です。
月間8万5千円利用すれば特典を受けられるので、
ビューゴールドプラスカードをメインカードにすればそこまで高いハードルではないですね。