先日ソフトバンクからドコモに機種変更をしてiPhone7にしました。
51
アップルペイやSuica定期券をiPhoneに登録できるのはiPhone7の最大のメリットなので、
今後のガジェットライフが楽しみでなりません。

iPhoneの機種代金は年々高騰していて、月額料金もだんだん高くなっている気がします。

私は機種代金は一括で支払うという方法を取っています。
月額の料金を下げるということも狙いの一つですが、
家電量販店で購入することで機種代金支払いにポイントが付くということが一番の理由です。


iPhone7の購入でポイントをゲットする!
一番安いiPhone7 32GBの分割支払総額は82,296円(税込)です。
ビックカメラではiPhone7の購入金額の5%をポイント付けしてくれるので
約4,114円分ポイントが戻ってくることになります。
このポイントはiPhone7の保護フィルムやケースに使うこともできますね。
貯めていたビックポイントをiPhone7の代金に充てることができるもの嬉しいです。

また、ビックカメラでは有楽町店と新宿のビックロでは
ビットコインを使うこともできるもの特徴になっていますね。


クレジットカードの支払いだとポイントがダウン
一括で8万円以上の購入金額を用意することは難しいので
クレジットカードで支払いたいという方も多いのではないでしょうか。

ただし、ビックカメラで楽天カードやYJカードで支払いをする場合
ポイントが5%から3%に下がってしまうので注意が必要です。
3%の場合約2,468円となってしまうので、その差は1,646円となってしまいます。

もしそれでもクレジットカードで支払いをしたいという方には
ビックカメラSuicaカードでの支払いがオススメです。
このカードを使えば料率を下げることなくクレジットカードで支払いをすることができます。
また、2回払いまでは手数料が無料なので、手持ちがこころもとない時も安心です。
 

Suicaで支払いをすればさらにポイントアップ!
Suicaはチャージ上限が2万円までと決まっているのですが、
それでも2万円分はSuicaで支払いをすることをオススメします。

Suciaで支払いをしてもビックカメラでもらえるポイントは減りません。

しかもSuciaへクレジットカードチャージをするときに、
クレジットカードのポイントが貯まるからです。 

なので、ビックカメラSuicaカードでSuicaへチャージする場合のポイントは1.5%です。
20,000円分チャージした場合には300円分のポイントが付くことになります。

金額規模は小さいですが、塵は積もればなので、この方法もぜひ活用してみてください。