私は乳がんで祖母を亡くし、肺がんで叔母も亡くしています。
ここまで身近な人たちががんでなくなっていくと、
とても他人事ではないと考えてしまうことが多いです。
ダウンロード


やはりがん保険には入っておくべき
がんの治療には高額医療制度があるものの、
仕事はできなくなり収入が不安定になってしまうこともあり、
がんと診断された時に補償される一時金と
通院でも補償がされるので安心して治療に専念することができます。

この「がんと診断された時」に一時金100万円が補償されるのか、
全くないのかで治療に対するモチベーションは全然変わってきますよね。


がん保険は掛け捨てでないほうがいい?
できることであれば、がんにはなりたくないですよね? 
これは誰でも当たり前のことです。

がんにはなりたくない!
しかし、なった場合に不安がある。。。

そんな方は東京海上日動あんしん生命の
掛け捨てでない新しいがん保険に加入してみませんか?

がん診断保険R
使わなかった保険料が戻ってくる“新しいカタチのがん保険”がん診断保険R

もしがんにならなかった場合には、掛け金が増えて戻ってきます。
つまり、将来の積み立てとして利用できます。

もしなってしまった場合には一時金と通院でも補償がされるのです。
まさに、万が一のための「保険」ですね。
私も加入していますが、万が一に備えて安心のできる保険だと満足しています。

とはいえ、保険に入るのは不安。。。
どんな補償があるのか詳細を詳しく知りたいという方は
ファイナンシャル・プランナーへ相談をしてみてください。
 

◆関連記事◆
30代になってはじめて生命保険加入しました